よくある質問

どんな学校?

カテゴリー別質問一覧
どんな学校?
Q. 情報科学専門学校ビジネス科(学校法人岩崎学園)の特長を教えてください。
Q. 情報科学専門学校ビジネス科(学校法人岩崎学園)の場所を教えてください。
Q. 学生全員にノートパソコンが用意されるって本当ですか?

入学について 出願や入学選考など
Q. 高校推薦の基準はどうなっていますか?
Q. 遅刻や欠席が多くて、入学できるか心配なのですが。
Q. どの入学方法を選べばよいのか、わからないのですが。
Q. 出願に必要な書類が分からないのですが?
Q. 高校を卒業していないと入学できませんか?
Q. 大学・短大を中退・卒業した人や社会人、またはフリーターを経て入学する人はいますか?
Q. 奨学生制度はありますか?
Q. 特待生制度はありますか?
Q. 高校在学中に資格を取得していますが、入学に有利でしょうか?

入学について 進路選択について
Q. 入学前に何か準備しておくべきことはありますか?
Q. 簿記に興味はあるけれど、学んだことはありません。はじめてでも大丈夫ですか?
Q. 自宅にパソコンは必要ですか?

入学について 体験入学や学校見学について
Q. オープンキャンパスに参加するには事前に申し込みが必要ですか?
Q. イベントに何回も参加しても構いませんか?
Q. 授業見学はできますか?
Q. メールで質問をしたいのですが、どんな風に書いたらいいですか?

学校生活について 授業時間など
Q. 授業は何時から何時までですか?
Q. 高校の文化祭のようなものはありますか?

学校生活について 施設など
Q. フットサルコートやバスケットコート・体育館など岩崎学園の校舎の施設を利用できますか?
Q. 学生寮はありますか?

学校生活について 通学・住まいなど
Q. ひとり暮らしをしたいのですが
Q. バイクや自転車での通学はできますか?
Q. 学割は利用できますか?

学習について
Q. 1クラス何人ですか?
Q. 担任制ですか?
Q. 専門学校を卒業すると、専門士という称号が与えられるときいたのですが?

就職について
Q. 就職指導はどのようになっていますか?
Q. 就職対策におけるポイントは?


Q&A
どんな学校?
Q. 情報科学専門学校ビジネス科(学校法人岩崎学園)の特長を教えてください。
A. IT先進県と言われる神奈川県で初めてのコンピュータ系専門学校として昭和58年にスタートしたコンピュータ&ビジネスのプロになるための学校です。情報セキュリティ・ネットワーク・情報処理・Web・流通・秘書・フィナンシャルなど学べる内容も多彩です。
特長としては

(1) 優れた就職実績。地元神奈川・東京を中心とする優良企業に確実に就職するための高度な専門技術と知識を実習を通じて身につけます。
(2) インターンシップ(就業体験)や資格取得にも力を入れています。
(3) コンピュータ&ネットワークの活用力は「習うより慣れる」をモットーに学生ひとりに1台ノートパソコンを無償貸与※しています。
※ITライセンス科をのぞく

このページのトップへ

Q. 情報科学専門学校ビジネス科(学校法人岩崎学園)の場所を教えてください。
A. 最寄駅は「横浜駅」です。JR線、東急東横線、京浜急行線、みなとみらい線をご利用の方は、「きた西口改札」から徒歩1分。相鉄線、横浜市営地下鉄線の方は、「西口改札」から徒歩3分です。

このページのトップへ

Q. 学生全員にノートパソコンが用意されるって本当ですか?
A. 本校では学生1人に1台のノートパソコンを無償貸与しています。自分専用のノートパソコンで放課後や休みの日も予習・復習ができ、学生生活のすべてがIT活用の実践場となります。貸与のノートパソコンは卒業時に記念品として差し上げます。

このページのトップへ

入学について 出願や入学選考など
Q. 高校推薦の基準はどうなっていますか?
A. 高校推薦入学での出願資格は次の(1)〜(4)の基準を満たす方です。
(1) 高校卒業見込みもしくは高校卒業1年未満の方
(2) 目的意識があり、勉学態度が良好な方
(3) 高校生活全体で90%以上の出席がある方(忌引、公欠等は除きます)
(4) 校長先生、進路指導の先生または担任の先生の推薦を受けた方

高校推薦入学の基準に該当しない方でも、自己推薦入学制度が利用できます。
自己推薦入学を希望する方は、本校の体験入学や学校説明会にご参加ください。ご参加時に自己推薦書を発行します。この自己推薦書に自己PRや来校された時の感想などを記入して、願書とともに提出していただきます。

このページのトップへ

Q. 遅刻や欠席が多くて、入学できるか心配なのですが。
A. 遅刻や欠席が多いから、入学できないということはありません。ただし止むを得ない遅刻や欠席でなく、生活態度や習慣を変えれば改善できる遅刻や欠席は、今すぐにでも少なくする努力をしなくてはなりません。本校では、実習を中心に短い期間により多くの専門的なスキルと知識を身につけることもあり、入学後も遅刻や欠席が多いと充分な学習効果が得られなくなるので、入学後は遅刻・欠席をしない心構えでのぞんでほしいと思います。

このページのトップへ

Q. どの入学方法を選べばよいのか、わからないのですが。
A. 入学方法は8つあり、それぞれに出願資格があります。もしも、自分がどの入学方法に該当するのかわからない、複数の入学方法に該当するが、どれがよいかわからない場合は遠慮なく、お問合せください。

このページのトップへ

Q. 出願に必要な書類が分からないのですが?
A. 出願時に8つの入学方法からいずれかひとつを選択するのですが、この入学方法によって必要書類が異なります。また、最終出身学校からの書類(調査書や成績証明書、卒業証明書等です)が必要となります。くわしくはお問い合わせください。また願書等は学生募集要項を送料とも無料でお送りいたします。

このページのトップへ

Q. 高校を卒業していないと入学できませんか?
A. 高校を卒業されていない方の場合は、次のいずれかの方法で入学することができます。
(1) 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格。
(2) 本校での入学資格認定審査(高校卒業と同等の学力を試す学力試験)を経て、出願資格を得る。

このページのトップへ

Q. 大学・短大を中退・卒業した人や社会人、またはフリーターを経て入学する人はいますか?
A. 毎年、入学者の2割ぐらいの方が高校卒業後3〜4年を経て入学されています。みなさん高校卒業後すぐに入学された方と一緒に、積極的に学習に取り組まれています。

このページのトップへ

Q. 奨学生制度はありますか?
A. 本校独自の岩崎学園奨学生制度があります。年間500,000円の奨学金を貸与する制度です。そのほか、(独)日本学生支援機構の奨学生制度もご案内しています。

このページのトップへ

Q. 特待生制度はありますか?
A. あります。A特待生は、入学金・授業料など805,000円が免除されます。
不採用の場合は、一般入学での合格とみなします。受験機会は2回までです。
筆記試験もありますが、希望者の方には模擬問題と回答を差し上げています。
また、本校では、資格やコンテスト、クラブ活動など高校在学中の努力実績に対して、学費の減免が受けられるB特待生入学、C特待生入学制度を用意しています。

このページのトップへ

Q. 高校在学中に資格を取得していますが、入学に有利でしょうか?
A. 資格、コンテスト、クラブ活動など高校在学中の努力実績に対して、学費の減免が受けられるB特待生制度、C特待生制度を用意しています。
高校時代に取得した資格や入賞・参加したコンテスト、クラブや委員会、ボランティアなど、高校時代に頑張ったと思えることがあったら、お気軽にお問合せください。

このページのトップへ

入学について 進路選択について
Q. 入学前に何か準備しておくべきことはありますか?
A. 専門的な学習について、特に準備しておくことはありません。もちろん高校生の方は卒業までしっかり高校での学習を行ってください。また、これから出願しようという方はもちろん、合格された方でも体験入学や授業見学や合格者対象の入学前ウォーミングアップセミナー(希望者のみ)などで、自分自身の入学後の学習意欲を高めておくことをおすすめします。

このページのトップへ

Q. 簿記に興味はあるけれど、学んだことはありません。はじめてでも大丈夫ですか?
A. 大丈夫です。でも、それを決めるのは自分自身だともいえます。進路決定にあたっては、自信をもって迷わず自分の進むべき道を選んだ人ばかりではありません。むしろ当初は、多少の迷いはつきものだと思いますが、「何となく」をぜひ、つきつめていってください。まずはオープンキャンパスや体験実習で、簿記の実習にチャレンジしてみてください。多くの入学生が、体験入学に複数回参加していることからも、最初の迷いを少しずつ自分の進むべき進路としての確信に変えていったことがわかると思います。

Q. 自宅にパソコンは必要ですか?
A. 本校では入学と同時にノートパソコンを入学生全員分ご用意します。授業はもちろん、授業以外でもいつでも使うことができます。無償貸与という学習システムなので、パソコン本体の費用をあらためて徴収することはありません。さらに、卒業時には記念品として贈呈しています。学習で使用するほか、自宅への持ち帰りも可能なので、あえて購入する必要はないと思います。

入学について 体験入学や学校見学について
Q. オープンキャンパスに参加するには事前に申し込みが必要ですか?
A. いいえ。事前に申し込みをしていなくても、参加できます。当日、飛び入りでも参加できますので、安心してください。また、お友だちを誘って人数が増えてしまっても大丈夫です。

このページのトップへ

Q. イベントに何回も参加しても構いませんか?
A. もちろん何回ご参加いただいてもOKです。特に体験イベントは、入学後の学習が理解しやすいよう体験実習をいろいろ用意してあります。興味に応じて自分の志望学科と違う内容のコースで体験入学に参加しても面白いと思います。スタッフも在校生サポーターも大歓迎です。

このページのトップへ

Q. 授業見学はできますか?
A. もちろんできます。授業は平日月曜から金曜の9:00から15:30までです。ただし、定期試験やオリエンテーション・ホームルームなどの時もありますので、事前にご連絡いただければと思います。入学情報センターのスタッフが授業を案内いたしますので、お気軽にご来校ください。

このページのトップへ

Q. メールで質問をしたいのですが、どんな風に書いたらいいですか?
A. かたくるしいあいさつなどは要りません。質問したいことをそのまま送っていただければ、かまいません。できるだけ、早めに返信します。また、携帯電話からのメールには、なるべく短い文章でお答えするようにしておりますので、ご安心ください。

このページのトップへ

学校生活について 授業時間など
Q. 授業は何時から何時までですか?
A. 1時限目の開始は9:00です。1時限の授業時間は50分で、1日7時限行ないます。
始業は9:00、終業は原則として、15:30までとなります。
資格対策講座は放課後や夏休み・春休みの期間に開講しています。(もちろん無料です)

このページのトップへ

Q. 高校の文化祭のようなものはありますか?
A. 毎年10月末に学術出展・出店等のもりだくさんの内容で「学園祭」を開催しています。今年も開催しますので、ぜひご来校ください。

このページのトップへ

学校生活について 施設など
Q. フットサルコートやバスケットコート・体育館など岩崎学園の校舎の施設を利用できますか?
A. 横浜駅西口、ヨドバシカメラマルチメディア横浜の隣にある姉妹校、横浜fカレッジ
の屋上フットサル&バスケットコート、本学園新横浜校舎2号館の屋内体育館、同1号館、2号館の屋上テニスコートも利用可能です。
これらの施設の利用にあたっては、安全上の理由から、事前に予約をして利用していただいています。その他に、低料金で利用可能な箱根研修所など研修施設があります。

このページのトップへ

Q. 学生寮はありますか?
A. 姉妹校とあわせて岩崎学園グループ校の各学生が利用可能な女子寮があります。JR東神奈川駅と東急東横線東白楽駅の2駅が利用可能です。JR東神奈川駅へは徒歩8分。乗り換えなしで、学校まで約30分程度です。その他に指定学生寮や推薦学生会館があります。学生寮は管理人が常駐しているので、日常生活や具合が悪くなったときなども安心です。

このページのトップへ

学校生活について 通学・住まいなど
Q. ひとり暮らしをしたいのですが
A. 信頼できる不動産店をご紹介しています。地理的希望や予算などに合わせて、アパートやマンションなどを案内しています。

このページのトップへ

Q. バイクや自転車での通学はできますか?
A. 駅から徒歩圏内であることと、交通安全上の理由から自転車やバイクでの通学は認めておりません。

このページのトップへ

Q. 学割は利用できますか?
A. はい、利用できます。通学定期や学割など利用可能です。

このページのトップへ

学習について
Q. 1クラス何人ですか?
A. 基本的に1クラス40名としています。

このページのトップへ

Q. 担任制ですか?
A. 担任制です。学習や学生生活、就職に関することなど何でも相談できますので安心してください。

このページのトップへ

Q. 専門学校を卒業すると、専門士という称号が与えられるときいたのですが?
また4年制の情報セキュリティ学科を卒業すると「高度専門士」という称号が与えられ大学院進学もできると聞きました。
A. 「専門士」は一定条件を満たした専門学校を卒業した者に対して授与される称号です。2年制の専門学校を修了すると短大卒と同等の学歴とみなされます。本校でも、卒業者は専門士という称号が与えられます。
また、一定の基準を満たし、より高度な技術・技能を修得した4年制の専門学校修了者は「高度専門士」の称号と「大学院入学資格」も付与されます。
本校の「情報セキュリティ学科」を修了し、さらに高度なスキルや知識を習得したい方は本学園グループの「情報セキュリティ大学院大学」進学も可能です。(選考あり)

このページのトップへ

就職について
Q. 就職指導はどのようになっていますか?
A. 本校では企業との太いパイプを持つ就職指導部とクラス担任が、学生本人・保護者の方と密なコミュニケーションをはかり、早期より就職ガイダンス・適性検査・面接の練習等の指導を徹底して、就職活動本番に備えます。また、ひとりひとりに対するきめ細かな対応と情報提供で、就職内定まで強力にバックアップします。

このページのトップへ

Q. 就職対策におけるポイントは?
A. 本校では有意義な就職活動が実施できるように以下を活動ポイントとして指導しています。
(1) 資格取得 → 資格ナビへ
(2) インターンシップ・業界・企業研究
(3) 面接指導

これらは、学生としての実力を客観的にPRできるわかりやすいポイントとなります。もちろんどれかひとつが欠けたら就職ができないということはありません。学校としてはひとり一人をきめ細やかに就職サポートしますので安心してください。

このページのトップへ

資料請求はこちら

  • 体験してみるのが一番!イベント申込み 学園ライフを体験できる!
  • コース紹介 あなたはどのコース?
  • ビジネス科3つのポイント
  • 学園のこともっと知りたい!キャンパスライフ
  • 学園からのお知らせ
  • 注目情報
  • 在学生・卒業生の声
  • 入学案内
  • キャンパスライフ